診療について

HOME > 麻酔

麻酔

中央手術部について

中央手術部での麻酔科管理症例は年々増加しており、今年もさらに増加しそうです。麻酔の特徴として、生体肝移植をはじめ、長時間ハイリスク症例が多い事があげられます。麻酔の前段階より、患者様の問題点を十分把握し、必要に応じて関連各科にコンサルトを依頼することで、より安全な周術期管理を目指しています。また、自動麻酔記録装置、集中監視モニターを備えスーパーバイザー制を実施しています。全ての手術室のバイタルサイン、手術室内のビデオ映像をサーバーに自動記録保存し、偶発症発症時

も後から振り返って検討することが可能であり、安全性の向上、システム改善に寄与できると考えています。
当院手術室の特徴の一つに環境ガスモニターとアネスクリーン(吸入麻酔薬を回収する)が挙げられます。連続的に麻酔薬の室内漏洩や環境汚染をモニターすることで、患者さんだけでなく医療従事者の環境整備にも気を配っています。また従来大気中に放出していた麻酔ガスを回収する装置を全室に配備し地球環境(温暖化)対策も行っています。
また、中心静脈穿刺や各種神経ブロックなどにもエコーを積極的に使用することにより、安全で、患者様に優しい麻酔管理を目指しています。

麻酔の種類

麻酔は大きく分けて、全身麻酔と部分麻酔の2つに分類されます。部分麻酔は硬膜外麻酔と脊髄くも膜下麻酔、末梢神経ブロックの3種類あります。

全身麻酔

点滴から麻酔薬を注入したり、呼吸マスクからガス麻酔薬を吸入することで、麻酔を行う方法です。どちらも数十秒程度で全身に作用し眠ります。全身麻酔中は通常の眠りと違って、目が覚めたり、痛みを感じることはありません。手術が終わり全身麻酔を止めると次第に目が覚めてきます。
全身麻酔では効果が全身に及び、呼吸が弱くなるため人工呼吸が必要です。人工呼吸は口や鼻から小指程度の太さのチューブを気管まで通す操作やのどの奥に小さなマスクを入れる(ラリンゲルマスク)操作が必要です。これらを通して酸素と麻酔ガスを送り、人工呼吸を行います。これらの操作は眠った後に行いますので、痛みを感じることはありません。このチューブは手術が終わり麻酔からある程度覚めた後取り除きます。

硬膜外麻酔
部分麻酔の1つです。背骨の深部(脊髄)近く(硬膜外腔)に、1mm程度の細いチューブを挿入し、そこから痛み止めや麻酔薬を流して痛みを取る麻酔法です。
横向きの状態で、背骨の近くに針を挿入し硬膜外腔に針を通してチューブを進めます。あらかじめ局所麻酔を行ったあとでこれらの操作をするので、ひどい痛みを感じることはほとんどありません。この麻酔だけで手術の麻酔を行うことは少なく、通常、脊髄くも膜下麻酔や全身麻酔と併用します。この麻酔法は手術後の痛みを和らげるために使用することが多くあります。

脊髄くも膜下麻酔
部分麻酔の1つです。背骨の中には脊髄という太い神経が入っています。脊髄は脳脊髄液という液体で満たされた部分(くも膜下腔)に浸っています。この部分に麻酔薬を注入して、痛みを伝達する脊髄を一時的に麻痺させます。脊椎麻酔・腰椎麻酔とも呼びます。
横向きの状態で、腰から細い針を進めます。皮膚表面に局所麻酔薬を注入してから針を進めますので、最初に細い針を刺す程度の痛みがありますが、すぐにとれます。くも膜下腔に針が届いたら、麻酔薬を注入します。 注入後、しばらくすると足が温かく感じてきます。次第に痛みが感じなくなり、最終的には足の感覚が無くなります。通常、へそあたりから下半身まで麻酔が効いています。この麻酔法は短時間(2時間以内)の下半身の手術に用いられることが多く、通常3-4時間で麻酔の効果はなくなります。

末梢神経ブロック
部分麻酔の1つです。脊髄という太い神経から分かれた末梢神経といわれる部分に局所麻酔薬を注入し、痛みの伝達を遮断する方法です。
末梢神経は体の全体に分布しており、様々な部位の手術後の痛みを和らげるために使用されます。当院では主に手や足の手術および硬膜外麻酔が不可能な場合(血が固まりにくい状態)のお腹を開ける手術時に行います。
方法は、軽く眠くなった状態あるいは全身麻酔中に局所麻酔薬を注入し、神経を一時的に麻痺させます。当院は、神経損傷等の危険性を減らすために、超音波画像および電気刺激法を併用して行なっています。細い管を神経の近くに留置して、持続注入ポンプを用いて持続的に神経を遮断する方法もあります。主な末梢神経ブロック法は以下のとおりです。
(持続)腕神経叢ブロック
(持続)大腿神経ブロック
(持続)坐骨神経ブロック
(持続)腹直筋鞘ブロック・腹横隔膜面ブロック

診療について

熊本大学医学部附属病院麻酔科

〒860-8556
熊本県熊本市中央区本荘1-1-1
麻酔科医局
TEL:096-373-5275
FAX:096-363-9697

ページトップへ