麻酔科学教室について

HOME > 教授ごあいさつ > 麻酔科学教室の紹介 > 研究論文・学会発表一覧 > 2008年研究論文・学会発表

2008年研究論文・学会発表一覧

2008年学術出版

英文

●原著論文

Orexin-2 receptors inhibitor primary afferent fiber-evoked responses of ventral roots in the neonatal rat spinal cord.

Shono K, Yamamoto T.
Brain Res. 1218:97-102, 2008

Intracerebroventricular administration of N-acetylaspartylglutamate (NAAG) peptidase inhibitors is analgesic in inflammatory pain.

Yamamoto T, Kozikowski A, Zhou J, Neale JH.
Mol Pain. インターネットのみ掲載 4:31
http://www.molecularpain.com/content/4/1/31, 2008

Analgesic Effects of Intrathecally Administered 26RFa, an Intrinsic Agonist for GPR103, on Formalin Test and Carrageenan Test in Rats.

Yamamoto T, Wada T, Miyazaki R.
Neurosience. 157:214-222, 2008.

●症例報告

Visual hallucinations on eye closure after orthopedic surgery under general anesthesia

Otomo S, Sugita M, Yano T.
J Anesth 22:439-442, 2008

邦文

●著書

オピオイド

山本達郎
麻酔科学レビュー2008,総合医学社,71-76, 2008.

●依頼原稿

生態信州と臓器管理/Q25.急性腎不全の管理

鷺島克之
救急・集中治療,総合医学社,9:1345-1352, 2008.

脊髄の受容体と機能

山本達郎
臨床麻酔,32:321-328,2008.

求心路遮断痛の制御の有効な薬物

山本達郎
ペインクリニック,29:S25-S30, 2008

オレキシンの作用と麻酔

山本達郎
医学の歩み,225:1012-1016, 2008.

神経因性疼痛発症メカニズムと治療

山本達郎
日本ハンセン病学会雑,77:215-218, 2008.

耳下腺手術:顔面神経の温存のため,麻酔導入時にはTOFを参考に必要最小量の筋弛緩薬で気管挿管

本間恵子,山本達郎
LiSA,15,790-792,2008.

集中治療室で行う補助循環時の患者管理/低酸素症及び高炭酸ガス血症に対する人工肺補助

芦村浩一,田代雅文
CIRCURATION Up-to-Date,MC メディカ出版,3:275-279,2008.

体外式肺補助の適応と手技、禁忌

一瀬景輔,岡本泰介
呼吸管理Q&A,総合医学社,197-202,2008.

Postoperative Analgesic Therapy Observational Survey (PATHOS) : apractice pattern study in 7 central/ southern European countries

棚平千代子
ペインクリニック,真興貿易,29:1010,2008.

文献抄訳:Early treatment with prednisolone or acyclovir in Bell’s palsy

吉武淳
ペインクリニック,29:417,2008

●症例報告

骨盤内臓器全摘出術後に発生したwell leg compartment syndromeの1症例

隈元泰輔,原三郎,吉武淳,志茂田治,寺崎秀則
麻酔,克誠堂出版,56:695-98,2007.

2008年学会発表

●国際学会

THE DURATION OF SIRS BEFORE ORGAN FAILURE(DSOF) AS A NOVEL. PROGNOSTIC FACTOR FOR SEPSIS

Hiroki Sugita MD, PhD, Yoshihiro Kinoshita MD, PhD, Katsuyuki Sagishima, MD, Hidenobu Kamohara MD, PhD, and Hideo Baba MD, PhD
Annual meeting of The American Association for the Surgery of Trauma 2008.9. Hawaii

Stroke volume variation is a good index of cardiac preload during bleeding and transfusion.

Taguchi H, Ichinose K, Tanimoto H, Yamamoto T.
ASA annual meeting 2008 2008.10.Orland

The resusucitative effect of repetitive blood suction and injection via an aortic catheter.

Tanimoto H, Taguchi H, Ichinose K, Okamoto T, Yamamoto T
ASA annual meeting 2008 2008.10. Orland

Intracerebroventricular administration of N-Acetylaspartylglutamate (NAAG) peptidase inhibitors is analgesic in inflammatory pain.

Yamamoto T, Kozikowski, Zhow J, Neale JH.
38th Annual Meeting, Society of Neurosience 2008.11. Washington DC

●全国学会

人工呼吸からの離脱の指標としてのRapid shallow breathing indexの問題点

鷺島克之,廣佐古進,河野宏明,杉田裕樹,蒲原英伸,米満弘一郎,門岡康弘,岡本知久,木下順弘
第35回日本集中治療医学会学術集会 2008.2.東京

嗅内皮質局所のVGATノックアウトにより生じた海馬内免疫組織学的変化

棚平千代子,玉巻伸章
第113回日本解剖学会全国学術集会 2008.3.大分

神経因性疼痛発症メカニズムと治療

山本達郎
第81回ハンセン病学会 2008.5.熊本

GPR103のリガンドであるQRFP26髄腔内投与の効果

山本達郎
日本麻酔科学会第55回学術集会 2008.6.横浜

レミフェンタニルを使用した全身麻酔と術後芝リングとの関係

棚平大,生田義浩,志茂田治,山本達郎
日本麻酔科学会第55回学術集会 2008.6.横浜

送血カテーテルの血液吸引・注入のみで15分間心停止からの脳蘇生は可能か?

谷本宏成,田口裕之,一瀬景輔,杉田道子,田代雅文,山本達郎
日本麻酔科学会第55回学術集会 2008.6.横浜

イヌ脱送血モデルにおける一回拍出量変化量:SVV(stroke volume variation)と収縮期血圧の変化

田口裕之,一瀬景輔,谷本宏成,杉田道子,田代雅文,山本達郎
日本麻酔科学会第55回学術集会 2008.6.横浜

肝アシアロシンチからみた肝機能は筋弛緩作用遷延の予測因子となり得るか(vecuroniumとrocuroniumの比較)

藤本昌史,西賢明,志茂田治,山本達郎
日本麻酔科学会第55回学術集会 2008.6.横浜

最近報告された生理活性物質の脊髄侵害刺激伝達における役割について

山本達郎
日本ペインクリニック学会第42回大会 2008.7.福岡

Two cases of severe respiratory failure for which infusion of Linezolid and airway pressure release ventilation are effective

鷺島克之,河野宏明,蒲原英伸,門岡康弘,米満弘一郎,廣佐古進,木下順弘
第36回日本救急医学会総会・学術集会 2008.10.札幌

下垂体腺腫と経蝶形骨洞的手術中の乳酸値

中山雄二朗,棚平千代子,田口裕之,山本達郎
日本臨床麻酔学会第28回大会 2008.11.京都

麻酔導入時レミフェンタニル投与量の変化に伴う侵害刺激伝達遮断の評価 –皮膚血管運動反射を用いた検討-

樋口拓志,束野友里,生田義浩,山本達郎
日本臨床麻酔学会第28回大会 2008.11.京都

●地方学会

膿胸を伴った呼吸不全にリネゾリドとairway pressure release ventilationが奏効した1例

鷺島克之,廣佐古進,門岡康弘,岩下晋輔,米満弘一郎,河野宏明,蒲原英伸,木下順弘
第18回日本集中治療医学会九州地方会 2008.7.熊本

頭蓋内刺激電極植込み術の全身麻酔管理

山部典久,洲崎祥子,杉田道子,山本達郎
九州麻酔科学会第46回大会 2008.9.福岡

術直前のACTの延長から硬膜外麻酔の施行を中止した症例で認められた遷延性術後出血

右田直子,田口裕之,山本達郎
九州麻酔科学会第46回大会 2008.9.福岡

永久型IVCフィルター留置中に,下大静脈血栓症による多臓器不全を呈した一例

寺崎秀平,田代雅文,山本達郎
九州麻酔科学会第46回大会 2008.9.福岡

腹腔鏡補助下大腸切除術後の上肢神経障害についての検討

大塚賀子,右田直子,樋口拓志,山本達郎
九州麻酔科学会第46回大会 2008.9.福岡

気化器トラブルによる術中覚醒の1例

中山雄二朗,杉田道子,武藤晃典,山本達郎
九州麻酔科学会第46回大会 2008.9.福岡

急速進行性のBadd Chiari症候群に対する生体部分肝移植中,下腸間膜静脈-上大静脈シャントで血行動態の安定を図った1症例

樋口拓志,田口裕之,山本達郎
九州麻酔科学会第46回大会 2008.9.福岡

麻酔記録の電子化にあたって

橋本正博,一瀬景輔,山本達郎
九州麻酔科学会第46回大会 2008.9.福岡

●その他

送血カテーテルの血液吸引・注入のみで15分間心停止からの脳蘇生は可能か?

谷本宏成,田口裕之,一瀬景輔,杉田道子,田代雅文,山本達郎
第115回熊本麻酔学会 2008.1.熊本

脳外科覚醒下手術におけるレミフェンタニルの使用経験

束野友里,田口裕之,田代雅文,山本達郎
第115回熊本麻酔学会 2008.1.熊本

肝アシアロシンチからみた肝機能は筋弛緩作用遷延の予測因子となり得るか(vecuroniumとrocuroniumの比較)

藤本昌史,西賢明,志茂田治,山本達郎
第115回熊本麻酔学会 2008.1.熊本

小児における生体肝移植

吉村依里子,棚平大,藤本昌史,山本達郎
第46回福岡小児麻酔カンファレンス 2008.2.福岡

疼痛管理の新たな展開

山本達郎
京都バイタルサインセミナー 2008.6.京都

糖原病IV型に対する生体肝移植の麻酔経験

佐藤貴久,山本達郎
第47回福岡小児麻酔カンファレンス 2008.7.熊本

熊本大学医学部附属病院におけるリネゾリド使用の現況

鷺島克之,河野宏明,蒲原英伸,廣佐古進,米満弘一郎,門岡康弘,岩下晋輔,境恵佑,木下順弘
救命救急領域感染学術講演会 2008.8.熊本

癌性疼痛管理における鎮痛補助薬の役割

山本達郎
人吉球磨がん疼痛治療学術講演会 2008.9.人吉

麻酔科学教室について

熊本大学医学部附属病院麻酔科

〒860-8556
熊本県熊本市中央区本荘1-1-1
麻酔科医局
TEL:096-373-5275
FAX:096-363-9697

ページトップへ