麻酔科学教室について

HOME > 教授ごあいさつ > 熊本大学医学部 麻酔科学教室の歴史

熊本大学医学部 麻酔科学教室の歴史

熊本大学麻酔科学教室は、臨床・研究面で卓越した伝統とパワーを持って運営されております。

 熊本大学医学部麻酔科学教室は、昭和40年に森岡亨教授により開設されてからすでに40年以上の歴史の中で発展してきました。当科は臨床・研究面で卓越した伝統とパワーを持って運営されております。今後も皆様のご期待に添える麻酔科を築き、多くの有能な麻酔科医を育てていく所存です。

熊本大学医学部 麻酔科学教室の沿革
昭和32年 熊本大学医学部外科系の麻酔担当医師が集まり熊本麻酔懇話会を設立。
昭和40年6月 熊本大学医学部麻酔学講座が初代森岡亨教授のもと発足。
平成6年12月 寺崎秀則先生が二代目教授に就任。
開講以来多くの入局者を得て、昭和47年以降外科系ローテータ制度を廃止し、40年近く麻酔科医のみで運営してきました(但し新臨床研修制度のあおりを受け平成17年8月より外科系ローテータの再開を余儀なくされましたが平成20年3月にて終了し、再び麻酔科医のみとなりました)。森岡、寺崎両先生は体外式心肺補助療法の草分けで常に世界をリードされてきました。熊本大学麻酔科は肺と心臓を休めることの意義を世に問いかけ、その後心肺脳蘇生への体外循環、低体温の応用として継続してきました。
平成18年10月 バイタリティ溢れる第3代山本達郎教授が千葉大学より就任され、自ら先頭に立って臨床麻酔、ペインクリニックに携わりつつも、教室のアクティビティを高めるべく教育、研究に意欲的に活動しておられます。
熊本県内外16病院、に派遣維持し、医局員は85名、熊本麻酔専門医会員は現在140名、年間約5万例の麻酔管理を行っています。これまでの歴史の中で優秀な先輩方を多く輩出しており、我々の誇りでもあります(下地恒毅前新潟大学教授、東英穂久留米大学教授、勝屋弘忠前名古屋市立大学教授、加納龍彦久留米大学教授兼病院長、熊谷憲夫聖マリアンナ医科大教授、本田武司福岡歯科大学教授、岡元和文信州大学教授、須加原一博琉球大学教授兼病院長、久木田一朗琉球大学教授、清水博前山形大学教授、牛島一男久留米大学教授、田上正東京医科大学臨床教授、順不同)。

麻酔科学教室について

熊本大学医学部附属病院麻酔科

〒860-8556
熊本県熊本市中央区本荘1-1-1
麻酔科医局
TEL:096-373-5275
FAX:096-363-9697

ページトップへ