麻酔科学教室について

HOME > 教授ごあいさつ > 教授からのメッセージ > 後期研修プログラム

後期研修プログラムの特徴

幅広い知識と技術が要求される麻酔分野において、当麻酔学教室では「麻酔」だけにとどまらず周術期管理を行なうための、専門性の高い専門医の育成に、より一層の力を入れていきます。

後期研修の目的

臨床麻酔(特殊麻酔を含む)を習得し、さらに関連領域である集中治療・救急・ペインクリニック・緩和医療にも対応できる麻酔科専門医を育成します。 麻酔、全身管理の基本手技の習得に加え、呼吸、循環、内分泌などの病態生理、臨床薬理などを身につけ「科学的なものの見方」ができる医師を養成します。
個々の将来的な希望を尊重した上で、効率的かつ充実した後期研修を行います。

後期研修の3つの特徴

【その1】優秀な関連施設を有する恵まれた環境

バランスの取れた臨床例を経験するには一ヶ所での研修は望ましくなく、多彩な施設で教育を受けることが有効です。
熊本大学麻酔科はこれまでの沿革のなかで育まれた優秀な関連施設を多数有しており、それぞれ特徴をもつ複数の施設(熊本大学麻酔科及び関連施設麻酔科)をローテートすることにより、専門的な知識、技能を修得し、かつ幅広い臨床経験を得、地域医療の重要性を認識しながら、日本麻酔科学会が定めた卒後研修到達目標を達成できるプログラムとなっています。

関連施設のご案内>>>click

【その2】多方面の研修が可能

麻酔科専門医の取得には麻酔科認定医、麻酔科標榜医の取得が必要であり、各施設は日本麻酔科学会認定施設です。さらにサブスペシャリティとして、心臓麻酔、小児麻酔、集中治療、ペインクリニック、緩和医療など多方面の研修も可能です。

【その3】マネージメント能力も習得可能な体制

また麻酔科は中央診療部門業務(手術部、材料部、MEセンターなど)を担っており、マネージメント能力をあわせて習得することもできます。一方研究においては希望により、後期研修期間中に研究を開始することも可能であり、学位取得を目標とします。

麻酔科学教室について

熊本大学医学部附属病院麻酔科

〒860-8556
熊本県熊本市中央区本荘1-1-1
麻酔科医局
TEL:096-373-5275
FAX:096-363-9697

ページトップへ