学会・セミナー情報の画像スペース

HOME > Archive by category '学会・セミナー情報'

第21回後期臨床研修セミナー

日時2008年12月19日(金) 19時より
場所:未定
新潟大学医学部麻酔科 河野達郎先生
「麻酔科医のための神経科学」

問い合わせ先;
熊大麻酔科医局長 杉田 道子
Phone 096-373-5275
Fax 096-363-9697
PHS 79527
Mail to: msugita@kumamoto-u.ac.jp

2008年10月29日(水) 更新

ペインクリニック懇話会

場所:熊大病院中央診療棟7階カンファレンスルーム
時間:未定
演題:募集中

2008年10月29日(水) 更新

第7回熊本トータルケア研究会

日時:平成20年10月24日(金)19:00-20:30
場所:熊本全日空ホテルニュースカイ

話題提供:19:10-19:10 癌疼痛治療剤について

特別講演:19:15-20:30
座長 熊本市医師会熊本地域医療センター緩和ケア病棟医長
  後藤慶次 先生

演題:あなたの家で看取りたい
    スピリチュアルケアの取り組み

演者:ふじ内科クリニック院長 内藤いづみ先生

当日は軽食があります。

共催 熊本トータルケア研究会、熊本麻酔専門医会、熊本県看護協会、大日本住友製薬株式会社

2008年09月30日(火) 更新

麻酔の新しい風

日時:平成20年10月10日(金)19:30~
会場:ホテルニューオータニ熊本

製品説明:アルチバについて(ヤンセンファーマ)
開会の辞:熊本大学大学院医学薬学研究部 生体機能制御学
     教授 山本達郎 先生
総合座長:医療法人聖粒会 慈恵病院麻酔科部長 志茂田治 先生
コメンテーター:熊本大学医学部附属病院麻酔科講師 田代雅文先生
                      講師 杉田道子先生
講演:19:45-21:00
演題:低容量レミフェンタニルの可能性自発呼吸を残して痛みをとる
熊本大学医学部附属病院麻酔科 坂本佳名子 先生

演題:マスク換気困難が予想された症例に対しての意識下ファイバー挿管時におけるレミフェンタニルの使用経験
熊本労災病院 麻酔科 江嶋正志 先生

演題:レミフェンタニルの使用感とそれに伴って考えたこと
熊本赤十字病院麻酔科 安部英治 先生

演題:TIVAの特徴とピットフォール
熊本地域医療センター麻酔科 柳文治 先生

演題:熊本の麻酔の展望
熊本大学医学部附属病院麻酔科講師 杉田道子先生

閉会の辞:熊本地域医療センター麻酔科 部長 田上正 先生

共催:熊本New Opioid 研究会

2008年09月30日(火) 更新

がん疼痛治療学術講演会

日時:平成20年10月9日(木)18:45-21:00
会場:ホテル日航熊本

製品紹介:ヤンセンファーマ(株)
開会の辞:熊本大学大学院医学薬学研究部
     消化器外科学教授 馬場秀夫 先生

一般演題(各15分)
座長:荒尾市民病院 消化器病センター部長 濱口裕光 先生

講演:急性期病院における緩和ケア ナースの立場から
熊本赤十字病院 看護部がん性疼痛看護認定看護師 大嶋和美 先生

ミニレクチャー:オピオイドを開始する時、あなたならどうしますか
熊本地域医療センター 緩和病棟医長 後藤慶次 先生

パネルディスカッション(30分)
司会:熊本大学大学院医学薬学研究部 
   消化器外科学講師 高森哲史 先生

症例提示:当院におけるがん疼痛治療の1例(仮)
熊本大学医学部附属病院 消化器外科 田中洋 先生

パネラー:熊本赤十字病院 
       看護部がん性疼痛看護認定看護師 大嶋和美 先生
     荒尾市民病院 
       消化器病センター部長 濱口裕光 先生
     熊本地域医療センター 
       緩和病棟医長 後藤慶次 先生

特別講演(60分)
座長:熊本ホームケアクリニック 院長 井田栄一 先生
講演:消化器外科医と疼痛緩和
愛知県がんセンター愛知病院 臨床研究検査部医長 松井隆則 先生

閉会の辞:熊本大学大学院医学薬学研究部
     消化器外科学教授 馬場秀夫 先生

2008年09月30日(火) 更新

学術講演会のご案内~熊本循環管理セミナー~

日時:平成20年9月19日(金)18:45-20:30
場所:ホテル日航熊本 5階「阿蘇」

情報提供 18:45-19:00 塩酸ランジオロール最近の話題

一般演題 19:00-19:30
座長 熊本大学大学院生体機能制御学 教授 山本達郎 先生

①非心臓手術時の塩酸ランジオロール投与による、抗頻脈作用に関する安全性と至適投与量の検討
熊本大学附属病院麻酔科 寺崎秀平 先生

②開心術患者における術後Af予防に対する塩酸ランジオールの効果検討
熊本大学大学院 心臓血管外科学 高志賢太郎

特別講演 19:30-20:30
座長 熊本大学大学院心臓血管外科学 教授 川筋道雄 先生

OPCABにおけるStabilizationの科学 -早期・遠隔期成績の向上を目指して-

2008年09月05日(金) 更新

第20回熊本県麻酔科後期研修セミナーのご案内

初期研修医、後期研修医も先生方、
麻酔領域の話題に興味のある方多数のご参加をお待ちしております

日時:平成20年9月12日(金)19時~20時
講師:熊本市医師会病院熊本地域医療センター麻酔科部長 田上正 先生
演題名 「ペインクリニックその2」
場所:熊大病院中央診療棟7階カンファレンスルーム
問い合わせ先;
熊大麻酔科医局長 杉田 道子
Phone 096-373-5275
Fax 096-363-9697
PHS 79527
Mail to: msugita@kumamoto-u.ac.jp

2008年08月21日(木) 更新

熊本大学麻酔科周術期循環管理セミナー 熊本市国際交流会館 19:00

熊本大学麻酔科周術期循環管理セミナー
日時:平成20年8月22日(金) 19:00~21:00
場所:熊本市国際交流会館 第3会場 熊本市花畑町4丁目8号
座長 山本達郎(熊本大学大学院医学薬学研究部 麻酔科学分野 教授)
特別講演 外須美夫(九州大学大学院医学研究院 麻酔・蘇生学分野 教授)
「周術期循環器系モニタリングの進歩:ScvO2の意義」
講演 田口裕之(熊本大学医学部附属病院麻酔科 助教)
「イヌ脱送血モデルにおける一回拍出量:SVVと収縮期血圧の変化」
共催:エドワーズライフサイエンス株式会社

2008年07月31日(木) 更新

アルチバ懇話会 熊本全日空ホテルニュースカイ 19:00

アルチバ懇話会
日時:平成20年8月1日(金)19時~
会場:熊本全日空ホテルニュースカイ(熊本市東阿弥陀寺町2番地 TEL:096-354-2111
プログラム
製品説明「アルチバについて最近の話題」 ヤンセンファーマ株式会社
司会 熊本大学医学部附属病院麻酔科講師 杉田道子先生     
熊本赤十字病院      麻酔科    安部英治先生
講演1 
麻酔導入時レミフェンタニル投与量の変化に伴う侵害刺激遮断の評価
樋口拓志1、束野友里1、生田義浩2、山本達郎3
1熊本大学医学部附属病院麻酔科
2熊本大学医学部附属病院中央手術部
3熊本大学医学薬学研究部生体機能制御学
講演2
当院におけるレミフェンタニルの使用状況とシバリングの検討
山田寿彦、満瀬哲郎、宮本千里、藤田愛、増田和之、橋口清明
熊本市民病院麻酔科

2008年07月30日(水) 更新

最新5件

月別アーカイブ

熊本大学医学部附属病院麻酔科

〒860-8556
熊本県熊本市中央区本荘1-1-1
麻酔科医局
TEL:096-373-5275
FAX:096-363-9697

ページトップへ