麻酔科学教室について

HOME > 教授ごあいさつ > 教授からのメッセージ > 先輩からのメッセージ

先輩からのメッセージ

研修医のみなさんへ先輩からのメッセージ

2011年度 新入局員

救急を診るうえでも、ルート確保や気道確保といった手技は不可欠です。今の研修システムでは麻酔科のローテートは必須ではありませんが、そういった手技を集中して学べるのは麻酔科ではないかと思います。また、呼吸・循環管理についても実践を通して知識が広がります。 ほとんど使うことのない薬剤や手技に戸惑うことも多いかもしれませんが、どの先生方もしっかり指導してくださいます。 多くの先生方が、麻酔科をまわり、麻酔の魅力やおもしろさを感じていただければ幸いです。 img03

齋藤 那美恵

熊本大学ではさまざまな症例を経験することができ、後期研修の場として素晴らしい環境だと思います。 わからないことなどがあれば上級医に相談をすることもできますし、上級医の先生方が多くいらっしゃいますので、それぞれの先生の方法や技術などを教わったり、そして学ぶことができ、大変勉強になります。 もし、麻酔科に興味があれば一度見学にいらっしゃってください。お待ちしています。 img11

諸家 直子

こんにちは。新入局員の上原です。先生方、後期研修先はお決まりでしょうか。 私自身、初期研修2年目の12月まで後期研修先を迷いつづけました。様々な診療科をローテートし、同期や先輩方から話を聞き、悩みに悩んでたどり着いた結論は、「これで一生が決まる訳じゃない。それならその先の選択肢が多いところを選ぼう。」ということでした。そこで、患者さんの全身管理ができる麻酔科に興味を持ち始め、実際に研修したところ、その面白さ・やりがいに魅力を感じ、入局を決断しました。入局してからも色んなことで悩みは尽きませんが、この熊本大学麻酔科に入局したことを後悔したことは一度もありません。 もし、少しでも麻酔に興味があるなら、一度麻酔科を覗いてみてください。きっと面白さにはまるはずです。一緒に麻酔科を盛り上げていきましょう。 img10

上原 朋子

麻酔科学教室について

熊本大学医学部附属病院麻酔科

〒860-8556
熊本県熊本市中央区本荘1-1-1
麻酔科医局
TEL:096-373-5275
FAX:096-363-9697

ページトップへ