麻酔科学教室について

HOME > 教授ごあいさつ > 後期研修医募集要項

後期研修医募集要項

研修要項

研修目標

・麻酔科医として安全な麻酔管理に必要な知識と技術の習得、さらには医師としての人間性の形成を図ります。
・関連領域である集中治療・救急・ペインクリニック・緩和医療にも対応できる知識と技術を習得します。

【2】研修期間

卒後3年目~6年目(希望による)

【3】待遇

卒後3年目:熊大病院の医員の待遇に順ずる
卒後4年目以降:各病院による

【4】待取得可能な資格、専門医

・麻酔科標榜医(厚生労働省認可):後期研修2年終了時に申請
・日本麻酔科学会麻酔科認定医 :後期研修2年終了時に申請
・日本麻酔科学会麻酔科専門医 :後期研修4年目に受験(認定医取得後2年目)
・日本麻酔科学会麻酔科指導医:専門医取得後4年以上の専従
・日本集中治療医学会集中治療専門医:研修施設における研修5年以上
・日本ペインクリニック学会ペインクリニック専門医:研修施設における研修5年以上
・日本救急医学会専門医
・日本蘇生学会指導医
・日本呼吸療法医学会呼吸療法専門医

Ⅱ.研修の方略 ( スケジュール・研修期間等 )

スケジュール

1. 卒後3-4年目 厚生労働省麻酔科標榜医・日本麻酔科学会認定医取得を目標。
前期は主に熊本大学医学部附属病院、後期は主に関連施設で研修。
麻酔科領域全体をバランスよく研修します。
2. 卒後5-7年目 日本麻酔科学会専門医、日本ペインクリニック学会専門医、日本集中治療医学会認定医などの取得を目標。熊本大学医学部附属病院ならびに各学会研修指定の関連病院で研修。自分が興味をもつ領域を重点研修しつつ臨床研究を行います。熊本大学医学部附属病院においては基礎的研究も行います。
大学院への進学。
3. 卒後8年目以降 日本麻酔科学会指導医、関連分野専門医などの取得、学位取得後留学を目標。
適性に応じて研修の形態は異なります。
週間スケジュール
曜 日 午 前 午 後
月曜日 麻酔症例カンファレンス
手術麻酔・外来
手術麻酔・外来・外国文献抄読会
症例検討会・医局会
火曜日 麻酔症例カンファレンス
手術麻酔
手術麻酔
水曜日 麻酔症例カンファレンス
手術麻酔・外来
手術麻酔・外来
木曜日 麻酔症例カンファレンス
手術麻酔
手術麻酔
金曜日 麻酔症例カンファレンス
手術麻酔・外来
手術麻酔、外来、心臓麻酔カンファレンス、
肝移植カンファレンス 、緩和カンファレンス

Ⅲ.その後の進路

国内、
海外留学について
現在集中治療(名古屋市立大学)、ペインクリニック(NTT関東病院)、小児麻酔(兵庫県立こども病院)の領域へ3名が国内留学し、研修を行っています。
希望に応じ後期研修中にも可能です(但し専門医コースに限る)。
専門医取得後の
進路について
麻酔科の需要は増加している一方、供給が追いつかず、全国的にも麻酔科医不足です。熊本県内の公的病院についても、充足に至っていない現状があります。
大学のスタッフとして、臨床、研究、教育にあたったり、関連施設のスタッフとして関連領域を含めた臨床スペシャリストを目指すこととなります。また学位取得後には海外留学も可能です。
女性医師について 麻酔科は比較的オン、オフがはっきりしており、診療時間の融通がききやすいという利点があります。専門医取得レベルまで到達していれば、出産、育児でブランクが生じても、その後の復帰は容易であり、再び第一線で活躍することは可能です。
本教室スタッフ女性医師の多くは家庭との両立を行っており、後期研修においても事情によりバックアップを行っていきます。

Ⅳ.関連研修施設案内

下記ページの関連施設では、病院ごとに得意分野が分散しているため、それぞれの施設を経験することで麻酔科学に必要な幅広い知識と技術が習得でき、総合力のある専門医の育成に最適な研修プログラムとなっております。

Ⅴ.さいごに

「学びたい人に等しく機会を与える」「個人の意志を尊重する」事が熊本大学麻酔科の理念です。道は自分で選択した方向に開いていきます。
研修実施責任者および連絡担当者

責任者:熊本大学医学部附属病院麻酔科科長 山本達郎
連絡担当者:熊本大学医学部附属病院麻酔科医局長 藤本昌史
熊本大学麻酔科に興味のある方は是非こちらまで連絡ください
Mail to; ikyokucho@kuma-ma.com
Tel:096-373-5275

麻酔科学教室について

熊本大学医学部附属病院麻酔科

〒860-8556
熊本県熊本市中央区本荘1-1-1
麻酔科医局
TEL:096-373-5275
FAX:096-363-9697

ページトップへ